ここから本文です

トランプ、性的発言を「更衣室トーク」→スポーツ界の批判まとめ

BuzzFeed Japan 10/13(木) 17:01配信

「有名人が相手なら、女はやらせてくれる」「女性器をわしづかみすることもできる」など女性軽視の性的発言を自慢げに語っていた動画(2005年撮影)が公開され、謝罪に追い込まれたドナルド・トランプ氏。

ところが、10月9日の討論会で厳しく追及されると「これはロッカールーム・トークだ」と弁解したことでスポーツ界の激しい怒りを買い、さらなる炎上を巻き起こしている。【BuzzFeed / David Mack、山崎瑠美】

「もちろん誇りには思っていないが、これはロッカールーム・トークだ」と釈明するトランプ氏。この発言に対し、国民的人気リーグNBA(全米プロバスケットボール協会)のスター選手たちがトランプ氏の発言に困惑の意を表明した。

ジャマール・クロフォード「ロッカールーム?」

C・J・マッカラム「どこのロッカールームでも、そんな話は一度も聞いたことないよ」

ケンドール・マーシャル「合意もないのに性的な接近をはかるなんて、ロッカールーム・トークじゃないだろ」

ブレイク・グリフィン「この息の荒さのほうが、別件よりもロッカールームっぽいね #debate」

ダンテイ・ジョーンズ「トランプのコメントが『身内の冗談』だという主張は、一連の発言がある程度は容認されると示唆してるわけだけど。そんなわけないだろ」

   *

トランプ氏の「ロッカールーム・トーク」発言に不快感を示したのはバスケットボール選手だけではない。サッカーのロビー・ロジャース選手、野球のショーン・ドゥーリトル選手、総合格闘技のCMパンク…とスポーツ界を大きく巻き込んでいった。

ロビー・ロジャース「ドナルド・トランプが、弁解として『ロッカールーム・トーク』という言葉を使いつづけるのは、アスリートとして怒りを感じる」

ショーン・ドゥーリトル「アスリートとして、成人期はずっとロッカールームで過ごしてるけど、うーん、あれはロッカールーム・トークじゃないよ」

CMパンク「『プッシー(女性器を表すスラング)わしづかみ』なんて、俺がこれまで使ってきたロッカールームの会話じゃないな。女性の連続暴行殺人を犯したテッド・バンディの引用だろ」

   *

さらに、NFL(全米プロフットボールリーグ)の選手も参戦。アトランタ・ファルコンズのジェイコブ・タム選手は、この大統領候補の会話は「普通じゃない」と怒りをあらわにしている。

ジェイコブ・タム「『ロッカールーム・トーク』という言葉を使うのはやめていただきたい」「こんなの普通じゃない。もし普通だとしても、間違ってる」

タム選手はどちらの大統領候補も支持しないと前置きした上で、品位と支持政党は別物だと主張。

ジェイコブ・タム「どういう種類のトークだろうと、一般化しようとするなんて間違ってる。自分の息子に『男はこんな会話するのか』なんて思わせてしまうのは阻止したいよ」

また、カンザスシティ・チーフスのクリス・コンリーもコメントを投稿している。

クリス・コンリー「ご参考です。僕は(毎日)ロッカールームで仕事をしていますが…あれはロッカールーム・トークではありません。まあ、みなさんおわかりかとは思いますが…」「僕が全てのロッカールームにいたことがあるか? と訊かれれば、それはノーです。でも、僕が知っている人たちや、僕がリスペクトする人たちはあんな会話しません。女のコについて話すことはあっても、あんな感じじゃないですよ。現場からは以上です」

政界にとどまらず、世界の注目が集まるトランプ氏の性的発言問題。鎮火する日は来るのだろうか。

最終更新:10/13(木) 17:01

BuzzFeed Japan

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

318歳のホログラムが語るSF世界での愛の未来像
SF作家のモニカ・バーンは、人種、社会そしてジェンダーの型にはまらない登場人物たちが織り成す、豊かな世界を想像しています。このパフォーマンスにおいて、バーンはピラーという登場人物としてホログラムで登場し、人間が宇宙に移住した近未来から、愛と喪失の物語を過去の私たちに向けて発信します。「想像する未来と実際の姿の対比はいつだって面白いのです」とバーンは言います。