ここから本文です

南スーダン大統領、首都巡回で死亡説を払拭

AFPBB News 10/13(木) 11:33配信

(c)AFPBB News

【10月13日 AFP】死亡したとの臆測が広まっていた南スーダンのサルバ・キール(Salva Kiir)大統領が12日、トラックの荷台に乗り、首都ジュバ(Juba)を巡った。同国は、国連(UN)が暴力行為の急増を警告するほどの事態に陥っており、政府は不穏な空気を払拭(ふっしょく)しようと、公式に死亡説を否定した。(c)AFPBB News

最終更新:10/13(木) 12:13

AFPBB News