ここから本文です

埼玉古墳群、吉見百穴など巡るスタンプラリー 鉄剣鉛筆など記念品も

埼玉新聞 10/13(木) 10:30配信

 埼玉県行田市の県立さきたま史跡の博物館は、行田市や吉見町と連携して古墳や史跡などを巡る「いっしょに巡ろうスタンプラリー」を11月30日まで実施している。行田市と吉見町にある計5施設のうち、3カ所以上のスタンプを集めると記念品がもらえる。

 施設を知ってもらうきっかけにと行われているスタンプラリー。県名発祥の地の行田には埼玉古墳群、吉見には219基の横穴墓群「吉見百穴」がある。2回目の今回は、行田市の郷土博物館と古代蓮会館が新たに加わった。

 参加方法は、さきたま古墳公園内にあるさきたま史跡の博物館かはにわの館のいずれか1施設以上、行田市施設の郷土博物館か古代蓮会館のいずれか1施設以上と吉見町の吉見百穴の計3カ所以上で記念スタンプを押してもらう。巡る順番やゴールする施設も自由。ただし、各施設で営業時間や定休日、料金などが異なるため事前の確認を勧めている。

 記念品には鉄剣鉛筆やハンドタオル、こはぜストラップ、つぼみちゃんメモ帳、よしみんメモ帳といった各施設のオリジナルグッズを用意。この中から一つだけもらえるが、スタンプ台紙を提出した施設のグッズになる。

 スタンプ台紙は各施設で配布しているほか、各ホームページからも印刷して使用できる。問い合わせは、県立さきたま史跡の博物館(電話048・559・1181)へ。

最終更新:10/13(木) 10:30

埼玉新聞

なぜ今? 首相主導の働き方改革