ここから本文です

大学王座、北海道大と金沢大が接戦制し準々決勝へ<女子テニス>

tennis365.net 10/13(木) 17:40配信

全日本大学対抗テニス王座決定試合

大学テニスの日本一を決める全日本大学対抗テニス王座決定試合(東京/有明テニスの森公園、ハード)は13日、女子の1回戦が行われ、北海道大学(北海道代表)と金沢大学(北信越代表)が準々決勝進出を果たした。

【大学王座 女子組み合わせ】

勝利した北海道大学は準決勝で第1シードの早稲田大学(関東第一代表)と、金沢大学は筑波大学(関東第二代表)と対戦する。

1回戦の結果詳細は下記のとおり。

【1回戦】

北海道大学 3-2 富士大学
D1 土屋早希/ 高橋里奈 3-6, 4-6 福井愛/ 高内麗
D2 池田奈央/ 岡本渚 不戦勝

S1 高橋里奈 1-6, 6-4, 0-6 福井愛
S2 土屋早希 6-3, 6-4 高内麗
S3 酒井遥 6-3, 6-3 田中美帆


岡山大学 2-3 金沢大学
D1 三橋加奈子/ 猪川久瑠美 6-7 (6-8), 6-7 (2-7) 今井未来/ 木村明日香
D2 遠山成美/ 濱田千波 6-2, 6-3 福田あずみ/ 加藤沙樹

S1 遠山成美 6-3, 1-6, 1-6 今井未来
S2 猪川久瑠美 1-6, 2-6 福田あずみ
S3 濱田千波 6-1, 4-6, 6-2 木村明日香

今大会は第1シードが早稲田大学(関東第一代表)、第2シードが筑波大学(関東第二代表)、第3シードが関西学院大学(関西第一代表)、第4シードが関西大学(関西第二代表)。

シードの4校と福岡大学(九州代表)、中京大学(東海代表)は2回戦から登場する。

今大会は各地区予選を勝ち抜いた10校で争われ、ダブルス2本、シングルス3本の計5本勝負。

昨年の同大会では早稲田大学が10年連続11度目の優勝を果たした。昨年準優勝の慶應義塾大学は関東地区大会で敗れ、2年連続の出場とはならなかった。

tennis365.net

最終更新:10/13(木) 17:40

tennis365.net

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]