ここから本文です

ズベレフ怒り爆発 ツォンガ戦でラケット破壊、マスターズ初8強逃す<男子テニス>

tennis365.net 10/13(木) 17:47配信

上海マスターズ

男子テニスツアーの上海マスターズ(中国/上海、ハード、ATP1000)は13日、シングルス3回戦が行われ、世界ランク21位で19歳のA・ズベレフ(ドイツ)は第9シードのJW・ツォンガ(フランス)に7-6 (7-4), 2-6, 5-7の逆転で敗れ、マスターズ初のベスト8進出を逃した。

【上海マスターズ対戦表】

初対戦となったこの試合、第1セットをタイブレークの末に先取したズベレフだったが、続く第2セットの第3ゲームでツォンガが放ったスマッシュを取ろうとした際に後ろの線審が立つボックスにぶつかって左足を負傷。メディカルタイムアウトをとり治療する場面もあった。

その後、第2セットを落としたズベレフは、ファイナルセットで先にリードするも、ツォンガに追いつかれてゲームカウント4-4に。

両者譲らない接戦の中、第11ゲームでツォンガに2度目のブレークを許したズベレフは張り詰めていた緊張が切れ、怒りを抑えきれずラケットを地面に叩きつけて破壊。自身のベンチに戻った際も、別のラケットを地面に激しく叩きつけていた。

現在19歳のズベレフは今大会、1回戦で世界ランク32位のJ・イズナー(アメリカ)、2回戦で第8シードのM・チリッチ(クロアチア)を破っての勝ち上がりだった。

9月に行われたサンクトペテルブルグ・オープン(ロシア/サンクトペテルブルグ、ハード、ATP250)の決勝で、今年の全米オープン覇者であるS・ワウリンカ(スイス)をフルセットで破って念願のツアー初優勝を飾り、10月10日付の世界ランキングでは自己最高位を更新する21位を記録した。

一方、勝利したツォンガは準々決勝で第15シードのR・バウティスタ=アグ(スペイン)とV・トロイキ(セルビア)の勝者と対戦する。

tennis365.net

最終更新:10/13(木) 17:47

tennis365.net