ここから本文です

【MLB】田中将大がゴールドグラブ最有力候補!? NY地元紙「最も守備の優れた投手」

Full-Count 10/13(木) 14:37配信

最優秀防御率はならずも…守備防御点はリーグトップを記録

 ヤンキースの田中将大投手は今季、メジャー3年目で自己最高のシーズンを送った。1年を通して先発ローテーションを守り抜き、14勝4敗、防御率3.07の好成績をマーク。大台のシーズン200イニングには1/3イニング届かなかったものの、199回2/3と初めて規定投球回(162回)にも到達した。

日本人最高は…衝撃の総額年俸、これまでのMLB大型契約ランキング

 最後まで争った最優秀防御率のタイトルには、わずかに届かず。ブルージェイズのサンチェス(3.00)、タイガースのバーランダー(3.04)に次ぐ3位に終わった。また、シーズン後半までサイ・ヤング賞候補としても名前が挙がったが、右前腕の張りで最後の2登板を回避したこともあり、投手最高の栄誉は来季以降に期待がかかる。一方で、田中は今季、ゴールドグラブ賞の最有力候補になると地元紙「ジャーナルニュース」が報じている。

 記事では、米野球データサイト「ファングラフス」の分析原稿を参考に、田中の守備がいかに優れているかを伝えている。同紙は「ファングラフスのオーガスト・ファーゲルストロム記者によれば、マサヒロ・タナカが最も守備の優れた投手に相応しいとしている」と言及。そして、以下のように記している。

「ファーゲルストロム記者はアメリカン・リーグ在籍選手の守備を先進的な指標に基いて分析している。守備に関しては絶対視される指標が無いため、ファーゲルストロム氏は様々な指標を組み合わせ、守備防御点を算出している。彼の統計によれば、田中は今季ア・リーグで最も守備の優れた投手となっている」

過去3年間のトータルでも守備防御点はメジャー3位

 ファングラフスによると、田中の今季の守備防御点(DRS=Defensive Runs Saved)は、ダラス・カイケル(アストロズ)と並んでリーグトップの「7」だった。3位はR・A・ディッキー(ブルージェイズ)の「6」、4位はJ・A・ハップ(ブルージェイズ)の「5」となっている。DRSとは、平均的な選手に比べて、シーズンでどれだけ失点を防いだかを表す数字で、多いほど優秀ということになる。「昨季の同様の統計では3位となっていた田中だが、今季はJ・A・ハップとR・A・ディッキーを抑えて首位となっている」。DRSは各ポジションで算出されており、田中は投手部門でトップだった。

 また、ファングラフスによると、過去3年間の合計の数値でも田中はカイケル、ザック・グリンキー(ダイヤモンドバックス)に次ぐメジャー3位と優秀な成績を残している。カイケルは計600回で「30」、グリンキーは計583回2/3で「21」、田中は490回で「16」。いずれの投手もゲームをコントロールでき、守備範囲や送球、運動神経に優れた選手であると位置づけている。

 日本時代には、2011年から3年連続でゴールデングラブ賞に輝いた田中。渡米1年目のキャンプから守備力は高く評価されており、シーズンでは好フィールディングでピンチを切り抜ける場面も何度もあった。メジャー自身初タイトルとなるか、注目が集まる。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:10/13(木) 17:49

Full-Count

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

E.T.は(多分)いる -- 心して待て
SETIの研究者であるセス・ショスタックは24年以内に地球外生命体を発見できると賭けを申し出ます。そうでなければコーヒーを一杯おごると。何故、発見できるのか。そして、はるかに進んだ社会を発見することによって人類はどう影響を受けるのかについて語ります。