ここから本文です

スマホ使用禁止! ペップの新ルールにマンC選手たちも悲鳴「ほぼ独房、3G回線も使えない」

theWORLD(ザ・ワールド) 10/13(木) 17:02配信

勝利のためには仕方ない?

王様の意見は絶対のようだ。今夏よりマンチェスター・シティを指揮する名将ペップ・グアルディオラが、選手たちをよりフットボールに専念させるべく“新たな禁止事項”を設けている。

すでにピザやフルーツジュースなどの摂取が禁じられているシティの選手たちだが、さらなる喜びを奪われることになった。絶対的なエースストライカーとしてシティに君臨するアルゼンチン代表FWセルヒオ・アグエロが不満を口にするのは、スペイン人指揮官によって施行されたネット禁止の新ルールである。ペップは練習場を飛び交うWi-Fiを切断し、トレーニング中の選手たちを外界の喧騒から隔離しようと画策しているという。英『THE Sun』や『Mirror』を含む複数メディアが、アグエロによる悲しみのコメントを伝えている。

「最初は混乱したよ。ネットが繋がらないから何か問題でも起きたのかと思ったね。ロッカールームは隔離されていたような感じだ。どうやらペップはマッサージを受けている最中にスマホを操作している選手を目撃したことでWi-Fi切断を決めたみたいだね。彼はそういうのが嫌いだから」

20代の若者にとっては致命的な制裁とも言うべき今回の新ルールだが、これを僅かながらポジティブに捉える30代のベテランも存在する。31歳のアルゼンチン人DFパブロ・サバレタは次のように話した。

「世界最高のコーチによる指導を受けることは皆にとっての望みであり、夢でもある。ペップのフットボールへの情熱から僕らは多くを学ぶことができるしね。彼は選手たちに朝食とランチを一緒にとるように強制する。Wi-Fiは遮断され、ほぼ独房にいるような感じさ。僕らは3G回線さえ使えない」

http://www.theworldmagazine.jp

最終更新:10/13(木) 17:02

theWORLD(ザ・ワールド)

スポーツナビ サッカー情報