ここから本文です

「選手よりカモメの方が躍動してた」 退屈な日本vs豪州戦を皮肉る韓国メディア

theWORLD(ザ・ワールド) 10/13(木) 18:30配信

退屈な試合内容に皮肉

それがスペクタクルなゲームだったかは分からないが、まさか鳥類が人類を凌駕するとは誰も想像できなかっただろう。11日に敵地メルボルンでロシアW杯アジア最終予選のオーストラリア戦を戦ったサムライブルーに対し、韓国メディアが辛辣な感想を綴っている。

ヴァヒド・ハリルホジッチ監督は内容より結果を重視した。もちろん熾烈なアジア予選においては美しく勝つことを試みるよりも、手堅く勝ち点を積み重ねることが賢明と言える。しかも日本にとってはグループB最大の山場となるアウェイでのオーストラリア戦だ。開始5分に本田圭佑のアシストから原口元気が決め、幸先良く先制した日本だったが、その原口が自陣エリア内でPKを献上してしまい、ヘルタ・ベルリンのアタッカーは天国と地獄を味わった。最終的に1-1のドローで終わったこの一戦について、韓国メディア『BUSAN.com』は「熱心に躍動していたのはカモメだけだった」と銘打ち、試合中のピッチ内を飛び交っていた“珍客”を引き合いに出している。

「エティハド・スタジアムで行われたオーストラリアと日本の試合は1-1の引き分けで終了。このゲームでは両国の選手たちよりも、競技場を飛び回るカモメの群れの方がより活発に見えた。オーストラリアは2勝2分でグループBの首位に、そして日本は2勝1分1敗の勝ち点7としている」

「オーストラリアと日本は共に後半終盤に攻撃的な選手を投入し、攻撃を強化したものの、ハリルジャパンは疲労のせいか攻守のバランスを維持するのに気を取られていた。結局そのまま両チームの爆発はなく、試合は幕を閉じている」

ボールの支配率を完全に相手へと委ね、終盤は防戦一方となった日本。もちろんエンターテイメント性よりも、“負けなかったこと”が重視されるべき試合だが、彼らをホームに迎える時にはより積極的な攻めの姿勢を見せてほしいところだ。

http://www.theworldmagazine.jp

最終更新:10/13(木) 18:30

theWORLD(ザ・ワールド)

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

あなたが同僚の給料を知るべき理由
あなたの給料はいくらですか? 同僚と比べてその金額はどうでしょうか? あなたは知っておくべきだし、同僚もまたしかりだと、経営研究者のデビッド・バーカスは言います。このトークでバーカスは、給料は秘密にするものという文化的前提に疑問を投げかけ、給料を公開することがなぜ従業員、組織、社会にとって良いことなのか、説得力ある議論を展開します。 [new]