ここから本文です

「主人公から悪役へ」日豪戦を取り上げた英紙、原口の軽率なプレイを“不要なペナルティ”と非難

theWORLD(ザ・ワールド) 10/13(木) 20:00配信

良い意味でも悪い意味でも全得点に絡んだ原口

日本代表は11日、ロシアW杯アジア最終予選でオーストラリア代表とアウェイで対戦した。試合は、ヘルタ・ベルリンFW原口元気のゴールで前半に先制した日本だったが、その原口が後半にペナルティエリア内で相手を倒し、オーストラリアにPKを与える。これを落ち着いて決められ、1-1のドローで試合を終えた。

そんな中、このアジア最終予選の大一番を英紙『the guardian』が取り上げ、次のように伝えている。

「前半はオーストラリアがあまり良くなく、日本の方が優れていた。だからサムライブルーはハーフタイム後、もっとゴールを挙げられると思っていただろう。しかし、先制点を挙げた原口がオーストラリアを目覚めさせてしまう。後半の早い段階で軽率なプレイから不要なペナルティを与えてしまい、彼はこの試合の主人公から悪役へ変わってしまった」

各国のほとんどのメデイアが原口を称賛する中、英紙『the guardian』は彼を非難した。ただ、3試合連続ゴールと原口が好調なのは間違いない。今回のミスをバネに代表で今以上の結果を残し、2018年に行われるロシアW杯へ日本代表を導いてもらいたいものだ。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:10/13(木) 20:00

theWORLD(ザ・ワールド)