ここから本文です

エディ・レッドメイン、ハリポタ新シリーズ『ファンタビ』ひっさげ来日!

クランクイン! 10/13(木) 6:00配信

 世界的人気を誇るハリー・ポッターシリーズの最新作『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』が今秋公開される。原作者であるJ.K.ローリングが脚本を務める内容に注目が集まる中、スケールアップした新シリーズ公開に併せて、映画『彼女と博士のセオリー』でアカデミー主演男優賞を獲得し、本作で主演を務めるエディ・レッドメインらの来日が決定した。

【関連】『スティック・ビーストと魔法使いの旅 写真 ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』フォトギャラリー


 本作は、ハリー・ポッターと同じ魔法世界を舞台にした新シリーズ。おっちょこちょいで人見知りの魔法動物学者であるニュート・スキャマンダー(エディ)は、魔法界にとっても謎多き魔法動物を詰め込んだトランクを片手にニューヨークを訪れるが、あるアクシデントから、人間界と魔法界をまたにかける事件へと巻き込まれてしまう。

 来日に先駆けて、主演のエディ、ポーペンティナ・ゴールドスタイン役のキャサリン・ウォーターストン、クイニー・ゴールドスタイン役のアリソン・スドル、ジェイコブ・ワルスキー役のダン・フォグラーによるメッセージ動画も到着。「11月にみんなで日本に魔法をかけに行きます」というメッセージと共に、作品のダイジェスト映像やその魅力を伝えている。

 デイビッド・イェーツ監督、プロデューサーのデイビッド・ヘイマンを含む6名のスタッフ&キャストは、公開直前の11月21日に開催される作品をイメージした大規模なレッドカーペットイベント、そして、都内全9スクリーンをジャックしてのジャパン・プレミア試写会に登場。22日には、ファンからの質疑応答をまじえる「公開前日スペシャルナイトイベント」にも登壇予定だ。

 映画『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』は、11月23日から全国ロードショー。

最終更新:10/13(木) 6:00

クランクイン!

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]