ここから本文です

『ミュージアム』、カエル男の正体は俳優・妻夫木聡!「まさかこの役をもらえるとは」

クランクイン! 10/13(木) 18:43配信

 映画『ミュージアム』ジャパンプレミアが13日、都内にて行われ、これまでベールに包まれていた非人間的な連続殺人鬼「カエル男」を演じる俳優が、妻夫木聡であることが発表された。緑の雨合羽にカエルの被り物という“カエル男”たちの集団とともに登場した妻夫木は「原作を読んで好きなキャラクターだったので、まさか自分がこの役をやらせてもらえるとは思わなかったです」とカエル男のオファーがあった時の心境を語った。本イベントには、主演の小栗旬、尾野真千子、野村周平、丸山智己、松重豊、田畑智子、そして大友啓史監督も登壇した。

【関連】『ミュージアム』ジャパンプレミア<フォトギャラリー>


 カエル男は自らを「僕は表現者。人を楽しませる芸術家(アーティスト)だ」と呼び、猟奇的な殺人を繰り返すサイコパスだ。これまで数多くの映画やドラマなどが作られてきたが、その中でも、残忍さと異常さは群を抜いているキャラクターだが、妻夫木は「原作どおりにやるというよりも、映画だからできるカエル男を目指そうと大友監督と話をしました」と役作りについて語た。

 一方の小栗は、カエル男に追い詰められる役だったが「撮影中はしんどかったですね」と心情を吐露したが、大友組での撮影には「いろいろな人から過酷であると聞いていたのですが、自分には合っていました。面白いなって思ったのは、監督は役に感情移入する方なので、僕がかなり激しいシーンで『ハアハア』していると、監督も同じようにハアハアしているんですよね」と現場を振り返っていた。。

 本作は「ヤングマガジン」で連載されていた巴亮介のサスペンススリラーを、映画『るろうに剣心』の大友啓史監督で実写映画化。“私刑”と称して無慈悲な殺人を繰り返す連続殺人犯と、家族を狙われた刑事との間に繰り広げられる壮絶なサスペンス。連載中から、過激な描写と緊張感溢れるストーリー展開が話題となり、実写化が決まったときにも大きな反響があった。メガホンをとった大友監督は「挑戦的なこのメンバーと面白い作品ができたと思っています」と語っていた。

 映画『ミュージアム』は11月12日より全国公開。

最終更新:10/13(木) 20:40

クランクイン!

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]