ここから本文です

メルセデスF1のボス「ハミルトンには敵が必要。最も強くなるのは標的がいるとき」

オートスポーツweb 10/13(木) 11:22配信

 メルセデス代表であるトト・ウォルフは、ルイス・ハミルトンがベストを尽くすために敵を必要としており、また彼が最後の最後までチャンピオンを賭けて戦い抜くだろうと信じている。

「敵を作ることで強くなる」と言われているハミルトン

 彼のチームメイトであるニコ・ロズベルグは先週末の日本GPでタイトルを争う上で決定打となりうる勝利を挙げ、ポイントランキングでのリードを33ポイント差まで拡げた。これにより、今シーズンの残り4レースでハミルトンが全勝しても、ロズベルグが全レースで2位でフィニッシュした場合にはタイトルはロズベルグのものとなる。

 ハミルトンはマレーシアGPでは首位スタートからリタイアを喫し、日本GPではメディアと衝突した上に、決勝ではスタートで失敗した。今シーズン荒れた週末に耐えることもあるハミルトンだが、劣勢にあってもベストを尽くしているとウォルフは確信している。

「まだ(チャンピオンシップは)終わっていない。4レース残っているんだ。ルイスは取り返してくるだろう」

「以前にもこういったことはあった。昨シーズンの後半から今シーズンの前半にかけてニコが7連勝した後、ルイスは7レース中で6勝した」

「彼は非常に強い。だがたまに敵が必要になるんだ。敵を作ることで彼はうまく機能する」

「ルイスが最も強くなるのはプレッシャーにさらされ、そして標的がいるときだ」

「タイトル争いはきっと熾烈なものになるだろうし、最後までもつれるだろうね」



 ウォルフはハミルトンとここ最近の悲惨な週末について急いで話し合う必要はなく、その代わりに彼にパドックから距離を置く時間を与える方がよいと考えている。



「こういったレースの直後は、つらいことを話すのに適切ではない」

「我々は冷静になり、何が起きたのか解明しなくてはいけない」

「ここ数年で私が得た学びは、レースの1時間後と24時間後では物事がまったく異なって見えるということだ」

「なので我々はルイスを立て直すことに重点を置いている。彼は強くなって帰ってくるよ。まだオースティンまでは時間があるからね」

「マレーシアでのルイスはとても勢いに乗っており、週末を支配していた。しかし我々はパワーユニットのトラブルによって彼を失望させてしまった」

「記者会見は彼にとって優先事項ではないよ。スタートでの失敗をそのせいにしたくはない」

「その後の彼のレースは素晴らしかった。彼の持ち直し方は並外れていたね」

[オートスポーツweb ]

最終更新:10/13(木) 11:23

オートスポーツweb

なぜ今? 首相主導の働き方改革