ここから本文です

マーク・ウエーバー、今季限りでの引退を発表

オートスポーツweb 10/13(木) 23:00配信

 2013年までF1で活躍し、2014年からは世界耐久選手権(WEC)にポルシェから参戦しているマーク・ウエーバーが2016年でプロドライバーから引退することを明らかにした。

WEC世界耐久選手権第7戦富士 木曜のサーキットの様子

 昨年はティモ・ベルンハルト、ブレンドン・ハートリーと共にLMP1のチャンピオンに輝いたウエーバー。今シーズンもポルシェからWECに参戦し、現在はランキング4位につけている。

 今週末の富士戦を前にウエーバーはプロドライバーからの引退を発表した。

「僕がふさわしい場所に到着した。ポルシェは、僕が常に愛していたブランドで、自分に最高に合ったひとつだ。スピード、ダウンフォース、そして競争が失われていくだろう。けれど、この高い状態のままで居たいんだ。新しい使命をとても楽しみにしているよ」

「フォーミュラ1からLMP1へは大きな変化で、まったく新しい経験だった。しかし、僕にとって適切なタイミングが来たんだ。車両をシェアし、ティモとブレンドンと僕が起こす化学反応は特別なもので、忘れないだろう」

「バーレーンでの最後のドライブは不思議な感じになるだろう。けど、残りのレースのすべての瞬間を今は楽しみたい」とコメント。

 オーストラリア生まれのウエーバーは、1994年にオーストラリアのフォーミュラ・フォードに参戦し、翌年渡英。1997年にはイギリスF3に参戦し頭角を現した。2002年にはミナルディからF1にデビュー。ジャガーやウイリアムズで戦い、2007年からレッドブル・レーシングに移籍。

 2009年のニュルブルクリンクで初のポールポジションを獲得すると、その勢いのまま初優勝を遂げた。F1では215戦に参戦し9勝を挙げ、2014年からWECに参戦。2015年はドライバーズチャンピオンに輝いている。

 11月19日のWEC最終戦となるバーレーンでの引退を発表したウエーバー。引退後は、ポルシェで特別なポジションに就くと報道されている。

[オートスポーツweb ]

最終更新:10/14(金) 14:59

オートスポーツweb

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

E.T.は(多分)いる -- 心して待て
SETIの研究者であるセス・ショスタックは24年以内に地球外生命体を発見できると賭けを申し出ます。そうでなければコーヒーを一杯おごると。何故、発見できるのか。そして、はるかに進んだ社会を発見することによって人類はどう影響を受けるのかについて語ります。