ここから本文です

元ヤクルト・ドラ1右腕が語る『短期決戦の難しさ』

ベースボールキング 10/13(木) 11:30配信

戦う選手たちはどう感じているのか...

 2016年のプロ野球もいよいよ大詰め。12日には日本シリーズ進出をかけたクライマックスシリーズ(CS)のファイナルステージが幕を開けた。

 “短期決戦”という部分が強調され、普段とはまた違った戦いになると言われるポストシーズンであるが、実際に戦場に立つ選手たちはどのように感じているのだろうか...。

 そこで、今回は現役時代にヤクルト、日本ハムで活躍した増渕竜義氏に『短期決戦』について聞いてみた。

普段とは全く違う“雰囲気”

 レギュラーシーズンとポストシーズンの一番の違い。それは、“負けたらシーズンが終わってしまう”ということ。

 選手全員が「今年最後」と思って試合をするわけですから、当然雰囲気も全く違います。試合はもちろん、試合前からものすごい緊迫感がありました。

 調整方法などは、レギュラーシーズンとはあまり変わりはありません。シリーズ前練習といった特別な全体練習はありますが、これも内容は普段と大幅に変わったことをするようなこともありません。

 ただ、説明はしづらいのですが、その空気が全く違うのです。

 選手やスタッフが闘志を燃やしているというか、近寄りがたいというか…。優勝、そして日本一を目指して、ようやくたどり着いた最終決戦なわけですから、気合いの入り方はものすごいです。

周りが気を使って声をかけてくれた

 私は2011年にCSファイナルステージの第1戦(vs.中日)に先発しました。

 レギュラーシーズンが終わり、CSが始まる前の練習の時にこの先発を伝えられました。前日の練習後に選手全員を集めて、当日のスタメンを発表。小川淳司監督(当時)から「全員で気持ちをひとつにして、失敗を恐れずに、全力で戦おう」と言われたのを覚えています。

 加えてコーチ陣からいろいろなシチュエーションを考えてのアドバイスをいただいたり、対戦相手の対策を練ってくたりして、すごく気を使って声をかけてくれました。

 大一番なのは選手もスタッフも一緒。全員の気持ちが張っているというか、これから勝負するんだという感じの雰囲気でしたね。

1/2ページ

最終更新:10/13(木) 11:39

ベースボールキング

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

あなたが同僚の給料を知るべき理由
あなたの給料はいくらですか? 同僚と比べてその金額はどうでしょうか? あなたは知っておくべきだし、同僚もまたしかりだと、経営研究者のデビッド・バーカスは言います。このトークでバーカスは、給料は秘密にするものという文化的前提に疑問を投げかけ、給料を公開することがなぜ従業員、組織、社会にとって良いことなのか、説得力ある議論を展開します。 [new]