ここから本文です

在学生、OBの力作並ぶ 金沢学院大芸術学部が小品展

北國新聞社 10/13(木) 2:53配信

 学校法人金沢学院大学の学園創立70周年記念・金沢学院大芸術学部小品展「Relation~縁~」は12日、金沢市のしいのき迎賓館で始まった。在学生や卒業生、美術教員の有志63人が絵画や陶芸、漆芸(しつげい)など計105点を寄せ、多様な感性の響き合いが来場者を引き付けた。

 巨大なくじら雲が浮かぶ海の表情を時間経過で描き分けた洋画の3部作や、ウミウシなどをユーモラスにかたどった陶芸作品など、在学生の若いセンスが光る作品が並んだ。

 今年の第72回現代美術展(一般財団法人県美術文化協会、本社など主催)で最高賞の美術文化大賞を受けた原田恵さん(8期生・日本画)ら卒業生26人も出品し、市島桜魚芸術学科長ら指導陣の秀作も花を添えた。16日まで。

北國新聞社

最終更新:10/13(木) 2:53

北國新聞社