ここから本文です

“第2のカカ”誕生なるか…サンパウロU-12が山形訪問

ゲキサカ 10/13(木) 23:06配信

 モンテディオ山形のジュニアユース村山U-13は12日、サンパウロのU-12チームと交流試合を行った。これは1993年から続く「もがみ国際交流協会」の事業として山形県最上町を訪問しているサンパウロU-12が、山形のクラブハウスを訪れて実現したもの。クラブ公式サイトでは写真を掲載し、両チームの交流の様子をレポート。試合は1学年上の山形が2-0で勝利した。

 山形県最上町といえば、MFカカ(オーランド・シティ)が11歳だった93年にサンパウロU-12の初代来日メンバーとして短期滞在していたことでも知られる。今回来日した選手たちの中から、“第2のカカ”は生まれるだろうか。

最終更新:10/14(金) 0:22

ゲキサカ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

「ゲームで10年長生きしましょう」
重度の脳震盪の後長い間病床に付き自殺まで考えたゲームデザイナーのジェーン・マゴニガルは、回復のための素晴らしいアイデアを思い付きました。科学的研究の成果を織り込んだ回復のためのゲーム「スーパー・ベター」を作ったのです。この感動的な講演で、彼女はゲームがいかに人の回復力を高め、人生におまけの7分半を付け加えてくれるか語っています