ここから本文です

BMW M社がチューニングした7シリーズの最高峰「新型M760Li xDrive」を発売

オートックワン 10/13(木) 18:24配信

610馬力のV型12気筒M Performanceツインパワー・ターボ・エンジン搭載

ビーエムダブリューは、フラッグシップ「7シリーズ」のトップエンドモデル「新型M760Li xDrive」を発売、10月13日より注文受付を開始する。納車は、2017年2月からを予定している。

このニュースのフォトギャラリー

新型M760Li xDriveは、7シリーズに、BMWの高性能スポーツカーを開発するBMW M社によるスポーティなチューニングを施した「M Performance Automobiles(エム・パフォーマンス・オートモビル)」である。

エクステリアは、極上のダイナミズムを演出するMエアロ・ダイナミクス・パッケージを身に纏い、セリウム・グレーのマット塗装が施された専用20インチMライト・アロイ・ホイール・スタイリング760Mに、ダーク・ブルーのメタリック・ペイントが施されたMスポーツ・ブレーキを組み合わせた。

官能的なエンジン・サウンドを放つMスポーツ・エグゾースト・システムと相まって、高性能ラグジュアリー・スポーツ・セダンに相応しい圧倒的な存在感を主張している。

キドニー・グリル、フロント・エア・インテーク・トリム、ドア・ミラー・キャップ、サイドのMバッジ、サイド・トリム・フィニッシャー、ドア・ハンドル・ストリップ、CピラーのV12バッジ、トランク・リッド・フィニッシャー、リアのモデル・バッジ(M760LiおよびxDriveバッジ)、エキゾースト・テールパイプに、専用のセリウム・グレーの塗装を施し、モデル特有のダイナミックな個性を演出している。

エレガントなスタイルの「M760Li xDrive V12 エクセレンス」

バンパーなどに施されたクローム・インサートにより、エレガントなスタイリングを強調するデザイン・ピュア・エクセレンス・エクステリアを装着する「M760Li xDrive V12 エクセレンス」は、V型12気筒エンジン特有の洗練されたサウンドを奏でる。

20インチ ホイール、フロントバンパーに追加されるクローム・インサート、左右のエキゾースト・テールパイプを取り囲むクローム・インサートにより構成される「デザイン・ピュア・エクセレンス・エクステリア」を装着し、リアおよびCピラーにはクロームのV12モデル・バッジとxDriveバッジが施される。

新型M760Li xDriveは、最高出力448kW(610ps)、最大トルク800Nm(81.6kgm)の圧倒的なパフォーマンスを発揮する新開発の6.6リッターV型12気筒BMW M Performanceツインパワー・ターボ・エンジンを搭載し、その驚異的なパワーを余すことなく路面に伝えるインテリジェント4輪駆動システム「xDrive」の組み合わせにより、3.7秒(ヨーロッパ仕様車値)で時速100kmまで加速する圧倒的な動力性能を実現した。

価格(消費税込)は、M760Li xDrive/M760Li xDrive V12 エクセレンスともに2420万円となる。

最終更新:10/13(木) 18:24

オートックワン