ここから本文です

伊方原発事故対策でヨウ素剤備蓄開始 八幡浜消防本部など

愛媛新聞ONLINE 10/13(木) 11:24配信

 八幡浜・大洲圏域災害医療対策会議の2016年度第1回会合が11日夜、愛媛県八幡浜支局であった。四国電力伊方原発(伊方町)での重大事故発生時に職員が迅速な対応を行うため、八幡浜地区消防本部(八幡浜市松柏)と市立八幡浜総合病院(同市大平)で9月から甲状腺被ばくを抑える安定ヨウ素剤の備蓄を始めたことが報告された。

愛媛新聞社

最終更新:10/13(木) 12:30

愛媛新聞ONLINE