ここから本文です

ポンド、上げ幅を縮める-メイ首相が離脱に関する議会採決明言せず

Bloomberg 10/13(木) 1:17配信

アジア時間12日の外国為替市場で、英ポンド相場が対ドルで1カ月ぶりの大幅高。メイ英首相が欧州連合(EU)離脱計画について議会が審議するのを認めたことを好感した。

ポンドは主要31通貨全てに対して上昇はしたものの、上げ幅を縮めた。メイ首相は議会での応答で、離脱計画について議会が審議する機会は十分にあるとしながらも採決については明言しなかった。

ロンドン時間午後4時35分現在、ポンドは0.6%高の1ポンド=1.2196ドル。一時は1.7%高となっていた。対ユーロは1%高の1ユーロ=90.28ペンス。

原題:Pound Rallies as May Agrees to Let Lawmakers Debate Brexit Plan(抜粋)

Netty Idayu Ismail, Narayanan Somasundaram

最終更新:10/13(木) 1:17

Bloomberg

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。