ここから本文です

ヘッジファンドのムーア、ローインCOOが年末に退社へ

Bloomberg 10/13(木) 9:13配信

ルイス・ベーコン氏率いる運用資産150億ドル(約1兆5600億円)のヘッジファンド運営会社、ムーア・キャピタル・マネジメントにほぼ7年間勤務しているスコット・ローイン最高執行責任者(COO)が辞任する見通しだ。

PR会社サード・バービネンでムーアの広報を担当するパトリック・スキャンラン氏によれば、ローイン氏は2010年の早い時期にフォートレス・インベストメント・グループからムーアに移籍した。年末に同社を退社する予定だという。ローイン氏はコメントを控えた。

事情に詳しい関係者が明らかにしたところによれば、ローイン氏はデータおよびテクノロジー分野への投資に注力するためヘッジファンド業界を離れる計画で、将来こうしたタイプの投資でムーアと協力する可能性がある。関係者によるとムーアは、ローイン氏の退社に伴ってCOOを補充する予定はなく、同氏の職務は既存の従業員に割り振られることになるという。

原題:Moore Capital Management COO Scott Lawin to Leave at Year-End(抜粋)

Katia Porzecanski

最終更新:10/13(木) 9:13

Bloomberg

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。