ここから本文です

9月の英住宅価格指標は上昇、EU離脱ショック和らぐ-RICS

Bloomberg 10/13(木) 9:35配信

英住宅市場の勢いが9月に増したことが英王立公認不動産鑑定士協会(RICS)の調査で分かった。国民投票で欧州連合(EU)離脱が決まったことによるショックが和らいだほか、売却物件不足が続いていることが背景にある。

RICSの13日発表によると、9月の住宅価格指標はプラス17と、8月のプラス13から上昇。価格上昇を報告する不動産業者が増えた。一方、国内最高級の住宅地があるロンドン中心部では住宅価格の下落が続いている。

RICSのチーフエコノミスト、サイモン・ルビンソン氏は電子メールで送付した発表資料で、「春から夏の終わりまで吹き荒れていた厳しい逆風の後、市場は落ち着きを取り戻しつつあるようだ」と指摘。「比較的ゆっくりとではあるものの、買い手は戻りつつあるようだが、回答者が強調し続けている大きな問題は市場で新規在庫が不足していることだ」と述べた。

原題:U.K. Housing Market Strengthens in September as Brexit Hit Fades(抜粋)

Scott Hamilton

最終更新:10/13(木) 9:35

Bloomberg

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。