ここから本文です

【個別銘柄】提携のスズキ上昇、カジノ関連や東芝高い、ダイフク下落

Bloomberg 10/13(木) 12:00配信

13日の日本株市場で、株価変動材料のあった銘柄の終値は次の通り。

スズキ(7269):前日比2.2%高の3509円。トヨタ自動車(7203)と業務提携に向けた検討を開始すると12日に発表した。クレディ・スイス証券は、業務提携はとりわけスズキにとってポジティブな内容と評価。協業により、トヨタが持つ環境・安全・情報などの各分野での先進・将来技術へのアクセスが可能となればスズキの中長期成長性を補完すると指摘した。

カジノ関連:オーイズミ(6428)が4.2%高の771円、セガサミーホールディングス(6460)が2.7%高。みずほ証券は国際観光産業振興議案連盟(IR議連)が12日の総会でIR推進法の成立に向けた決意を強めたと指摘。過去10年間裏切られ続けてきたIR法案だが、自民党幹事長がIRに慎重だった谷垣禎一氏から交代したことなどで、今までよりも成立の可能性が高まっていると結論付けた。

ダイフク(6383):4.1%安の1765円。UBS証券は投資判断を「買い」から「中立」に、目標株価を2400円から2000円に下げた。Eコマース比率が高い製造業・流通業向けシステム(FA&DA)で北米の事業統合シナジーが来期まで顕在化しないことや、エレキ関連の受注高のさらなるアップサイドが見込みにくい点、強気なコンセンサスなどを勘案。業績拡大が再加速するのは早くて来下期と予想した。

東芝(6502):3.2%高の366.5円。自動運転車向けシステムに参入すると13日付の日本経済新聞朝刊が報じた。名古屋大学と共同で東芝の画像認識用のシステムLSI(大規模集積回路)を使い障害物を回避する仕組みを開発、2020年までに実用化するという。また、クレディ・スイス証券はNAND事業は17年3月期下期に営業利益率20%超、18年3月期に25%を目指せる事業環境と指摘。業績予想を上方修正し、目標株価を360円から460円へ上げた。

1/3ページ

最終更新:10/13(木) 15:32

Bloomberg