ここから本文です

アップルCEOが任天堂を訪問、「マリオのこつつかんできた」

Bloomberg 10/13(木) 12:05配信

米アップルのティム・クック最高経営責任者(CEO)は13日、京都市の任天堂本社を訪問し、ゲームキャラクターのマリオの父とされる宮本茂氏らと面会した。

クック氏は会談後、宮本氏とマリオのゲーム制作に携わる手塚卓志氏と一緒に談笑する写真をツイッターに投稿、スマホゲーム「スーパーマリオラン」の「こつをつかんできた」とのコメントも付けた。手前には右手を上げるマリオの人形が置かれている。任天堂広報担当の杉本健一氏によるとクック氏は同日午前9時ごろ来社した後、1時間ほど滞在し、君島達己社長とも面会した。

任天堂は12月、「スーパーマリオラン」をアップルのiPhone(アイフォーン)用に配信する。配信は9月、アップルがサンフランシスコで開いた製品発表会で発表された。ゲームでは、アイテムやコインを集めたり敵キャラクターを踏みつぶしたりするおなじみの遊び方が、スマホで再現された。

任天堂の株価は一時、前日比2.6%高の2万6535円まで買われ、9月20日以来、3週間ぶりの日中上昇率となった。午前終値は同1.6%高の2万6275円。

Yuji Nakamura, Takashi Amano

最終更新:10/13(木) 12:05

Bloomberg

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。