ここから本文です

米週間新規失業保険申請件数:前週に続いて42年ぶりの低水準

Bloomberg 10/13(木) 23:09配信

先週の米週間新規失業保険申請件数は前週から変わらず。前週に続いて42年ぶりの低水準となった。

米労働省の発表によれば10月8日終了週の新規失業保険申請件数は24万6000件。前週は速報値の24万9000件から下方修正された。ブルームバーグがまとめたエコノミスト予想は25万3000件だった。

より変動の少ない4週移動平均は24万9250件と、前週の25万2750件から減少し、1973年以来の低水準。失業保険の継続受給者数は1日までの1週間に1万6000人減って205万人と、2000年6月以来で最少だった。

IHSグローバル・インサイトのエコノミスト、パトリック・ニューポート氏は「労働力人口が1973年からかなり拡大したのは明らかであり、それを考慮すると実に驚くべき数字だ」と述べ、「比較的健全な労働市場が示唆されている」と続けた。

統計の詳細は表をご覧下さい。

原題:Jobless Claims at 42-Year Low as U.S. Employers Shun Firings(抜粋)

Patricia Laya

最終更新:10/13(木) 23:09

Bloomberg

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。