ここから本文です

KISSのジーン・シモンズ スッピンで登場 KISSメイクのアトムに「最高」

デイリースポーツ 10/14(金) 5:00配信

 米国出身の大物ロックバンド・KISSのジーン・シモンズ(67)が13日、東京・ラフォーレミュージアム原宿で開幕した「KISS EXPO TOKYO2016~地獄の博覧会~」(31日まで)の内覧会に、おなじみのメイクではなくスッピンで登場した。

【写真】KISSメイクのアストロボーイとの対面にゴキゲン

 KISSの展覧会は世界初開催。シモンズは日本文化に興味を持ったきっかけを「『アストロボーイ』(鉄腕アトム)を見てから。米国のヒーローはスーパーマン、バットマンとか大人。アトムは少年で両親がいなかった。私も小さい頃、父と離れたので共感した」と説明。KISSメイクを施したアトムと対面し「最高デス!!」と日本語で叫んだ。

 展覧会にはメンバーが全面協力。42年間の活動を彩った衣装、楽器はもちろん、シモンズの自宅ミュージアムやポール・スタンレー(64)の自宅アトリエをVR(バーチャルリアリティー)体験できる。「一番の見どころは?」と聞かれたシモンズは「俺かな?なぜなら、物を創造するのは物じゃない。作った人のマジックだからだ」と強調した。

 また、「今の音楽界は寂しい状況になっている。俺たちが若い頃にはレコード会社やCDショップなどが応援してくれた。1988年あたりにインターネットが出てきてから、すごいバンドが出てきていない」と指摘。

 「若いやつらは大変だと思うけど、これからも応援を続けていくつもりだ。THE YELLOW MONKEYが再結成したのもうれしく思っているよ。みんなでバンドをサポートしてやってくれ」と、日本の後輩のために頭を下げていた。

最終更新:10/14(金) 22:41

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]