ここから本文です

ロックオンが「アドエビス」をバージョンアップ、管理画面に「TCPA」「再配分CV」実装

Web担当者Forum 10/14(金) 7:06配信

マーケティングロボットやマーケティングプラットフォームを展開するロックオンは、同社のマーケティングプラットフォーム「アドエビス」を10月11日にバージョンアップした、と同日発表した。広告のアトリビューション(間接効果)を加味した評価指標「TCPA(Total Cost Per Action)=総合CPA(成果単価)」と、成果件数を再配分した指標「再配分CV(コンバージョン=成果)」を管理画面上に実装した。ユーザーが最後に接触した広告に加え、アシストも含めて接触した広告が評価でき、広告全体を見据えた投資判断が可能になる。

最近のマーケティング施策では認知・育成を図る動画、記事広告など潜在層向け広告の活用が広がっている。単一の広告だけでなく複数の広告を経由して成果につながることが多い。アドエビスはこれまで、最後に接触した広告指標「CPA」では可視化できないTCPAを独自に訴え、レポートサービスなどで提供してきた。TCPAと再配分CVで広告投資を判断する顧客が増えたことから今回、機能を実装した。TCPAは、獲得した1件の成果をユーザーが接触した全ての広告で均等割して再配分CVを算出し、コストを再配分CVで割って導き出す。

最終更新:10/14(金) 7:06

Web担当者Forum