ここから本文です

小池都知事定例記者会見 10月14日(全文2)懲戒処分は減給、給与返納も検討

THE PAGE 10/14(金) 17:40配信 (有料記事)

第2弾の内部調査報告書、懲戒処分はいつくらいをめどに考えているのか

幹事社:ありがとうございます。幹事社から何点かお伺いいたします。まず1点目が豊洲市場の問題を受けました、人事異動についてお話がございました。先日はこの問題を受けました懲戒処分についても言及されていましたし、また第2弾の内部調査報告書についても出されるご意向があるというお話がございました。懲戒処分、あるいはその第2弾の報告書についていつごろをめどにお考えなのか、お伺いいたします。

小池:はい。まず処分の話も重要なんですけれども、例えば11月7日をスタートの日に設定していたのを延期しているわけですね。実際に市場の皆さま方に対して、さまざまなサポートしていかなければなりません。それからこれからも都議会のほうでも引き続きこの審議が行われるということもございます。そういったことで前に進めていくという部分でまずは人事を刷新して、そして強化をしていくということで新たなポストも設けたところでございます。

 ということで、処分の話はこれはある意味、後ろ向きな話ではございますけれど、まあ両方重なってくるかと思います。この現職の公務員でございますので、今回は市場長は、これまでの岸本市場長には総務局の理事という形で引き続き、この市場の関係のさまざまな問題、課題に対してサポートしてもらうという役割は果たしてもらいたいと思っております。それからもうすでにお辞めになった市場長の方々については、これについてはまたどのような形で処分と言うのかしら、それができるのかとどうか、といった形で対応を検討していきたいと思っております。

 都職員としての身分をもう失った方々については、ご承知のように処分っていう形にはできない。しかし過去には減給処分相当として支払った給与の返納を求めた事例もございますので、こういったことを参考にしながら検討してまいるということでございます

幹事社:2つ目が同じ豊洲市場の問題に関しまして、石原元知事から質問状に対する回答があったというお話がございました。ただ中身については、覚えていないとか聞いていないとか、そういったお話が多かったということなんですけれど、具体的に精査をされた上で再度何かヒアリングですとか、質問状をご送付されるとか、そういったご意向はございますでしょうか。

小池:これについては、まずこちらの質問と向こうの回答とを突き合わせて見てみたいと思います。で、基本的なトーンは、細かいことは覚えてないという話で、細かいことは事務方がやっていた、ほかの者に任せていたという話でございますが、しかしながらやはり神は細部に宿ると言うんですけれども、やはり細部のところも極めて重要であって今、問われているのは細部と、そしてそのリーダーの在り方の部分だろうと思います。

 全てのことに森羅万象、全て答えられるかといったら、そうではないというふうには思いますけれども、しかし一度、先方から私に会いたいというお申し出があったわけで、それが今度、いやそうではないと。だったら書面でと、こちらからお願いをしたところ、今回、回答が戻ってきたということであります。

 十分、これによってこの質問状によって思い出された部分もおありかと思いますので、これで精査したあと、もっと聞いてみたい、聞かなければならないことなどについてはまたご依頼をすることになるかと思います。

幹事社:最後に職員の目安箱について伺います。これは小池知事が知事選に出馬を表明された7月6日の記者会見のときに、利権追及チームの文脈の中でそういった目安箱を設けたりというふうなお話をされていました。この目安箱のあらためて狙いについて、再度教えていただけたら幸いです。

小池:職員目安箱でございますけれども、問題意識や提案などの幅広い、前向きな意見やさまざま、直接言えないけれども、私には知らせておこうと匿名で寄せられる方もこれからも出てくるかと思います。

 それから広域通報制度っていうことについては今、その流れを確定すべく手続きに入ってるところでございまして、これは職員のみならずいろいろと、ご存じの方々から意見を、また情報を寄せてもらうと。2つチャンネルがあるということでございます。ということでまず、この職員目安箱を設けましたのでこれを活用して建設的な意見、それからいろいろと話せないけれども、こういうことは知事は知っておいたほうがいいんじゃないかというような意見、両方いただければと思っております。

幹事社:分かりました。ありがとうございます。幹事社からは以上です。質問のある方は知事に指されてから会社名、氏名を明らかにした上でご質問ください。よろしくお願いします。

TOKYO MX:TOKYO MXのミシマです。市場の問題に絡むんですが、これまでは市場長の経験もある中西さんが副知事として所管していたところだったんですが、今後は安藤さんが所管することになると。こちら、体制の刷新というところになるかもしれないんですが、この意図するところとか狙いについて教えていただけないでしょうか。本文:10,641文字 この記事の続きをお読みいただくには、THE PAGE プラスの購入が必要です。

  • 通常価格:
    648円/月(初月無料)
  • 会員価格会員価格:
    540円/月(初月無料)

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上、ご購入ください。

Yahoo!プレミアム会員登録はこちら(月額498円)

最終更新:10/14(金) 17:40

THE PAGE