ここから本文です

[新製品]オリンパス、ミラーレス一眼「OLYMPUS PEN E-PL8」、タッチセルフィー対応

BCN 10/14(金) 11:03配信

[新製品]オリンパス、ミラーレス一眼「OLYMPUS PEN E-PL8」、タッチセルフィー対応

OLYMPUS PEN E-PL8

 オリンパスは、マイクロフォーサーズシステム規格準拠のミラーレス一眼カメラ「OLYMPUS PEN E-PL8」を11月下旬に発売する。カラーは、ホワイト、ブラック、ブラウンの3色。価格はオープン。

 「OLYMPUS PENシリーズ」で評価の高い、小型・軽量な本体、優れた操作性、上質なデザインを継承しつつ、ファッションアイテムとしても持ち歩ける、シンプルで丸みを帯びた手になじみやすいデザインを採用した。

 有効約1605万画素のLive MOSセンサや、上位機種「OM-D E-M1」と同じ画像処理エンジン「TruePic VII」、強力なVCMボディ内手ブレ補正を搭載。本体背面の液晶モニタは、タッチパネル対応で180°回転する下開き方式で、タッチした際の指の写り込みを気にせず撮影できる。前面のグリップは、自分撮り時のホールド性にも配慮するほか、別売のフィッシュアイボディーキャップレンズ「BCL-0980(9mm F8.0 Fisheye)」を装着すれば、背景を大きく入れた自分撮りを楽しめる。

 自分撮り時は、液晶モニタを下開きにすることで「セルフィーモード」が起動し、液晶モニタではシャッターボタンやカスタムセルフタイマー切り替えボタン、明るさ調整ボタンなど、さまざまなタッチ操作が可能で、カメラ目線で写真が撮れるよう、シャッターボタンはタッチの1秒後に撮影を行う。

 撮影した写真にさまざまな表現を適用できる「アートフィルター」は、自分撮り時にも利用可能で、複数の写真を組み合わせて1枚の写真に仕上げる「フォトストーリー」では、フレーム毎に「アートフィルター」を選べる。

 無線LAN機能を搭載しており、スマートフォン向けアプリ「OLYMPUS Image Share(OI.Share)」を利用すれば、撮影した写真をその場でSNSなどでシェアできる。また、SNS向けの機能として、複数のショートムービーを組み合わせて1本のムービーに仕上げる「クリップス」、動画に「アートフィルター」を適用可能な「アートフィルタームービー」、動画に4種類の効果を加えられる「ムービーエフェクト」も備える。

 対応メディアはSDXC/SDHC/SDカードで、UHS-IメディアやEye-Fiカードにも対応する。サイズは幅117.1×高さ68.3×奥行き38.4mmで、重さは約326g。

 税別の実勢価格は、ボディのみが8万円前後、ズームレンズ「M.ZUIKO DIGITAL ED 14-42mm F3.5-5.6 EZ」が付属する「OLYMPUS PEN E-PL8 14-42mm EZレンズキット」が9万5000円前後、ズームレンズ「M.ZUIKO DIGITAL ED 14-42mm F3.5-5.6 EZ」と「M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F4.0-5.6 R」の2本が付属する「OLYMPUS PEN E-PL8 EZダブルズームキット」が11万円前後の見込み。

最終更新:10/14(金) 11:03

BCN

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

「水中に潜む本当の危機」
インドガリアルとキングコブラはインドの象徴ともいえる爬虫類ですが、水質汚汚濁のために存亡が危ぶまれています。環境保護者のロミュラスウィトカーがこの素晴らしい動物たちの貴重な映像をお見せして、彼らのそして私達の生活を支えている川の保全を訴えます。