ここから本文です

冨田ラボ、コムアイ(水曜日のカンパネラ)・城戸あき子(CICADA)参加曲をリリース

CDジャーナル 10/14(金) 17:22配信

 “ポップ・マエストロ”冨田恵一によるセルフ・プロジェクト、冨田ラボが5枚目のオリジナル・アルバム『SUPERFINE』を11月30日(水)にリリース。その先行リリース第2弾として10月21日(金)に「冨田魚店 feat. コムアイ / 鼓動 feat. 城戸あき子」が配信と7inchヴァイナル(500枚限定)でリリースされます。
 
 本作は9月23日にリリースされた先行第1弾シングル「Radio体操ガール feat. YONCE / 雪の街 feat. 安部勇磨」に続くもの。コムアイ(水曜日のカンパネラ)をヴォーカルにフィーチャーした「冨田魚店 feat. コムアイ」は、冨田の予想をはるかに超えたというコムアイのパフォーマンスに加え、作詞はケンモチヒデフミ(水曜日のカンパネラ)が担当。まさに水曜日のカンパネラの世界観と冨田ラボとの異色コラボが実現。築地市場を舞台にした歌詞にも注目です。一方、城戸あきこ(CICADA)をヴォーカルに迎えた「鼓動 feat. 城戸あき子」は、CICADAのメンバー、若林ともが作詞を担当。理想的な詞曲の補完関係で完成した期待高まる1曲となったようです。各曲のティーザー・ムービーがYouTube(youtu.be/dz31FF1M1q4 / youtu.be/UpYUtzLhq24)で公開されています。

最終更新:10/14(金) 17:22

CDジャーナル

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]