ここから本文です

【DEEP】中村vsディグリオ再戦、WSOF-GCと対抗戦に

イーファイト 10/14(金) 11:55配信

 12月17日(土)東京・ディファ有明で開催される『DEEP CAGE IMPACT 2016~DEEP VS WSOF-GC~』の対戦カード第一弾が発表された。今大会はサブタイトルにあるように、WSOF-GCとの対抗戦が行われる。

【フォト】打撃戦となった前回の中村vsディグリオ

 UFC、ベラトールに次ぐアメリカのMMA(総合格闘技)メジャーイベントであるWSOF(World Series of Fighting=ワールド・シリーズ・オブ・ファイティングの略称)。そのインターナショナル部門として世界各国で大会を開催しているのがWSOF GLOBAL CHAMPIONSHIP(通称WSOF-GC)だ。今年2月には日本大会を開催している。

 その対抗戦第一弾として発表されたのが、WSOF-GCフライ級(56.7kg以下)王者決定戦として行われる、中村優作(TEAM ALPHA MALE JAPAN)vsローレンス・ディグリオ(Gilbert Grapplings)。

 両者はWSOF-GC日本大会で対戦し、当初はグラップリングが得意との触れ込みだったディグリオが中村に打撃で対抗。判定2-1のかなり際どい判定で中村が勝利しており、今回タイトルマッチでの再戦(フライ級王座決定トーナメントの決勝戦)となった。

 ディグリオは主催者を通じて、「前回の日本での試合は(対中村優作)私が勝っていたと今でも思っていますが、中村優作選手と再戦できる、しかもタイトルを賭けて戦える事にとても興奮しています。ケージの中に一歩入れば、私は必ず激しい試合をします。中村選手もハードなパンチを出してくる選手なので、私たちの試合は爆発的な展開がたくさんある試合になることを保証します。そして今度は私が勝ち、ディファ有明を出る時に、私の腰にはベルトが巻かれていることも保証します」と、中村にリベンジして王者になると宣言している。

 今大会ではほかにもWSOF-GCのタイトル戦、DEEPとの対抗戦が予定されている。

最終更新:10/14(金) 11:55

イーファイト

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]