ここから本文です

大麻陽性反応の台湾女性タレント「みなさんの愛を無にしてしまった」

中央社フォーカス台湾 10/14(金) 13:30配信

(台北 14日 中央社)警察の尿検査で大麻成分が検出されたタレントのサニー・リン(林采[糸是])は14日、自身のフェイスブックに謝罪文を掲載し、「みなさんの愛を無にし、許されないことをしてしまいました」と反省の姿勢を示した。

サニーは先月22日、男性デュオ「Under Lover」のメンバーの1人が台北市警の家宅捜索を受け、大麻を所持していたとして逮捕された際、現場に居合わせていた。サニーは同日夜、自身が病院で行った尿検査の鑑定結果を発表。身の潔白を証明していた。だが、今月上旬に警察が公表した鑑定結果では大麻の陽性反応を示しており、書類送検された。

(編集:名切千絵)

最終更新:10/14(金) 13:30

中央社フォーカス台湾

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

318歳のホログラムが語るSF世界での愛の未来像
SF作家のモニカ・バーンは、人種、社会そしてジェンダーの型にはまらない登場人物たちが織り成す、豊かな世界を想像しています。このパフォーマンスにおいて、バーンはピラーという登場人物としてホログラムで登場し、人間が宇宙に移住した近未来から、愛と喪失の物語を過去の私たちに向けて発信します。「想像する未来と実際の姿の対比はいつだって面白いのです」とバーンは言います。