ここから本文です

<よしもと>映像化視野で原作を発掘 小説、マンガ、ノンフィクションと幅広く 

まんたんウェブ 10/14(金) 11:37配信

 よしもとクリエイティブ・エージェンシーは14日、ユーザー投稿型サービスと共同で優秀な原作を発掘するプロジェクト「原作開発プロジェクト」をスタートさせることを発表した。Amazonで書籍販売・映像化を視野に入れ、Amazonの「Kindleダイレクト・パブリッシング」などでコンテストを開催する。同社が主催する「京都国際映画祭」「島ぜんぶでおーきな祭(沖縄国際映画祭)」でコンテストの大賞発表およびプレミア上映も予定している。

【写真特集】“期待の芸人”枠でノンスタ石田、麒麟の田村ら…キングオブコント優勝のライスも

 「原作開発プロジェクト」は、新たなヒットコンテンツの創造が目的で、コンテストはAmazonの「Kindleダイレクト・パブリッシング」に加え、「STORYS.JP」、「MediBang!」といったユーザー投稿型サービスにて開催される。「フィクション部門」「ノンフィクション部門」「マンガ部門」の3部門で、「フィクション部門」はKindleダイレクト・パブリッシング、「ノンフィクション部門」はSTORYS.JPで11月から作品を募集し、「マンガ部門」はMediBang!で17年4月から作品を募集を開始する。

 14日、京都市内で記者会見が行われ、STORYS.JPの清瀬史編集長、MediBang!を展開する株式会社メディバンの土井将史マーケティング本部長らが出席し、同プロジェクトの“期待の芸人”枠として「NON STYLE」の石田明さん、「麒麟」の田村裕さん、「笑い飯」の哲夫さん、「ライス」の関町智弘さん、田所仁さん、レイザーラモンHGさんも登壇し、出版にまつわる裏話を披露した。

最終更新:10/14(金) 13:05

まんたんウェブ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]