ここから本文です

【Krush】王者・渡部「圧倒的に潰す」、挑戦者・塚越「KOで倒す」

イーファイト 10/14(金) 18:06配信

 10月15日(土)東京・後楽園ホールにて開催される『Krush.70』の前日計量が、14日(金)13:00より都内にて行われた。

【フォト】調印式に臨んだ渡部と塚越

 Krush -67kgタイトルマッチで激突する王者・渡部太基(Golden Globe)と挑戦者・塚越仁志(K-1ジム・シルバーウルフ)は、ともにリミットちょうどの67.0kgでパスした。

 計量後には調印式と記者会見が行われ、両選手が試合に向けた意気込みを語った。

 今年1月に同タイトルを獲得した渡部は今回が初防衛戦。ここ2試合はK-1のリングで-70kg(スーパー・ウェルター級)に階級を上げて戦うも、2連敗という結果。約10カ月ぶりに-67kgに階級を戻しての再起戦となるが、「久しぶりの-67kgということで減量に苦戦するかと思いきや意外と調整が上手くいきました。明日はすごく良いものが見せられると思います」とコンディションは万全だ。

 一方、タイトル初挑戦となる塚越は「サインをして改めて明日タイトルマッチなんだなという実感が沸きました。全力を出すだけです」と気持ちの引き締める。

 両選手は昨年11月に1度対戦しており、お互いにダウンを奪い合う熱戦の末、渡部が判定勝ちを収めた。塚越にとってはリベンジマッチとなるが、「昨年はすごく悔しいかたちで終わってしまいましたが、この1年、自分に悔しい思いを感じさせてくれた渡部選手に感謝しています。モチベーションも上がっています」と、雪辱への思いが原動力になっていたという。

 迎え撃つ渡部は「1年経っているので、お互いにいろいろと変わっていると思います。新たな選手と戦うような気持ちです」と再戦について特別な意識はない様子。さらに「決着はついていますが、倒しきっていないというところですね。今回はチャンピオンとして迎え撃つので、圧倒的に潰してやろうと思います」と返り討ちを予告した。

 これを受けて塚越は「(ベルトを)獲れれば良いと思っていましたが、KOで倒します」と闘志を燃やした。

最終更新:10/14(金) 18:07

イーファイト

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

「ゲームで10年長生きしましょう」
重度の脳震盪の後長い間病床に付き自殺まで考えたゲームデザイナーのジェーン・マゴニガルは、回復のための素晴らしいアイデアを思い付きました。科学的研究の成果を織り込んだ回復のためのゲーム「スーパー・ベター」を作ったのです。この感動的な講演で、彼女はゲームがいかに人の回復力を高め、人生におまけの7分半を付け加えてくれるか語っています