ここから本文です

雲林県、地元名物の伝統菓子やごま油をPR 創作料理コンテストも/台湾

中央社フォーカス台湾 10/14(金) 16:41配信

(雲林 14日 中央社)雲林県北港で16日、伝統菓子やごま油などの地元名産品をPRするイベントが開催される。「ダービン」(大餅)と呼ばれる小麦粉でできたお菓子の大食い大会やごま油を使用した創作料理コンテストを実施するほか、来年同県で開催する台湾ランタンフェスティバル(台湾灯会)のPRも行う。

主催者の雲林県政府によると、今年のテーマは「創意」。イベントの開催を通じ、伝統の香りが漂う北港地区に、新しさと創意あふれるイメージを付与できればと期待を示している。

また、会場では熱々のごま油麺線が無料で振る舞われるほか、地元の名店が特別に製作した状元餅(伝統菓子、月餅の一種)が来場者に配布される。

(葉子鋼/編集:名切千絵)

最終更新:10/14(金) 16:41

中央社フォーカス台湾

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

うん、核融合炉を作ったよ
核融合こそ未来のエネルギー問題への答えであり、子どもにだって世界は変えられる、テイラー・ウィルソンはそう信じています。そして彼はそのどちらにも取り組んでいます。14歳の時に家のガレージで核融合炉を作り、17歳となった今、直前の依頼に応えてTEDのステージで自分の物語を(手短に)語っています。