ここから本文です

新北市、神奈川県と防災・教育関連の協定締結/台湾

中央社フォーカス台湾 10/14(金) 17:09配信

(東京 14日 中央社)新北市と神奈川県は13日、神奈川県庁新庁舎で「防災に関する相互応援協定」と「高校生の相互交流推進に関する協定」を締結した。

締結式に臨んだ新北市の侯友宜副市長は、台湾と日本はともに地震など天災が頻発する隣国同士だと指摘。今回の協定締結を通じて、両県市の交流が一層深まることに期待を示した。

神奈川県の黒岩祐治知事は、テレビ局の記者として1999年の台湾大地震の被災地を取材した当時を振り返り、被災直後だったにも関わらず、台湾の人々が外国の記者を熱心にもてなしていたことが印象深かったと述べた。協定締結により密接な交流が図れるようになると喜んだ。

新北市は静岡県とも青少年の相互交流推進に関する協定(2009年)や、防災に関する相互応援協定(2014年)を結んでいる。

(楊明珠/編集:杉野浩司)

最終更新:10/14(金) 17:09

中央社フォーカス台湾

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

うん、核融合炉を作ったよ
核融合こそ未来のエネルギー問題への答えであり、子どもにだって世界は変えられる、テイラー・ウィルソンはそう信じています。そして彼はそのどちらにも取り組んでいます。14歳の時に家のガレージで核融合炉を作り、17歳となった今、直前の依頼に応えてTEDのステージで自分の物語を(手短に)語っています。