ここから本文です

出光興産、昭和シェルの株式取得はスケジュール通り…経営統合を前提に

レスポンス 10/14(金) 8:51配信

出光興産は、経営統合する昭和シェル石油の株式を10~11月に取得するスケジュールを堅持すると発表した。

出光興産は昭和シェルと経営統合することで合意しており、まず出光興産が昭和シェル石油の株式33.3%を、大株主のロイヤル・ダッチ・シェルから取得する計画だった。

一方で、出光興産の創業家が両社の経営統合に反対しており、両社は2017年4月1日としていた経営統合を延期することにした。それでも出光興産は、「昭和シェルとの経営統合を前提に」、計画通り10~11月に昭和シェルの株式33.3%を取得する。

ただ、経営統合に反対していた創業家は、昭和シェルの株式0.1%を取得、出光興産が昭和シェルの株式を取得するのに、株式公開買い付け(TOB)を実施しなければならなくして、出光興産が昭和シェルの株式取得を妨害している。

出光興産は、昭和シェルの株式取得するスケジュールは変更しないものの、取得方法については今後、ロイヤル・ダッチ・シェルを含めた3社で検討するとしている。

《レスポンス レスポンス編集部》

最終更新:10/14(金) 8:51

レスポンス

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。