ここから本文です

中孝介、15日に屏東の音楽フェスに出演 台湾歌手と「野ばら」披露

中央社フォーカス台湾 10/14(金) 18:41配信

(屏東 14日 中央社)歌手の中孝介は15日、南部・屏東県恒春で開かれる音楽イベント「民謡新浪潮」に出演する。台湾女性歌手のレイチェル・リアン(梁文音)とシューベルト作曲「野ばら」を披露し、自身が出演した台湾映画「海角七号 君想う、国境の南」の世界観を再現する。

開催地の恒春は、海角七号の撮影地。中は同作で、日本統治時代に同地に赴任し、台湾人の教え子と恋に落ちる日本人教師を演じた。今回デュエットするレイチェルは同作で、中が恋した教え子を演じた。作品中には、中が歌う「野ばら」が挿入されている。

中は14日、屏東市内で開かれた記者会見に出席。恒春の民謡を伝授する陳麗萍さんと交流した。

15日の音楽イベントには台湾のほか、韓国やタイからもアーティストが参加し、音楽を通じた交流を行う。

(郭シセン/編集:名切千絵)

最終更新:10/14(金) 18:41

中央社フォーカス台湾

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

うん、核融合炉を作ったよ
核融合こそ未来のエネルギー問題への答えであり、子どもにだって世界は変えられる、テイラー・ウィルソンはそう信じています。そして彼はそのどちらにも取り組んでいます。14歳の時に家のガレージで核融合炉を作り、17歳となった今、直前の依頼に応えてTEDのステージで自分の物語を(手短に)語っています。