ここから本文です

SCREEN mode、TVアニメ『文豪ストレイドッグス』OPテーマの新曲MVフルサイズ公開! リリースイベント開催も決定!

M-ON!Press(エムオンプレス) 10/14(金) 12:15配信

10月26日にニューシングル「Reason Living」をリリースする”SCREEN mode” が、表題曲でTVアニメ『文豪ストレイドッグス』第2クールのOPテーマとなっている「Reason Living」のMVフルサイズを公開した。

MVは、Vo.勇-YOU-が演じる1人の男が謎の組織によって監禁・拷問を受けるシーンからスタート。楽曲の中に込められた「足掻いて贖いながら探す生きる理由」「逆境に立ち向かう姿」を総合格闘技的アクションを織り込んだ独自のストーリー性で打ち出している。
ラストシーンで彼の目に映ったのは何だったのか、様々な目線から楽しんで欲しい作品に完成に仕上がっている。

TVアニメ『文豪ストレイドッグス』は、第1クールも若い女性層を中心にヒットし、太宰治・中原中也などの著書や記念館とコラボした”文豪コラボ”や作品の舞台である横浜市とのコラボなどでも広く話題となった人気作品。その続編となる第2クールは、新たな”文豪”の登場や展開でも多くの注目を浴びている。

「Reason Living」MV


●リリース情報
TVアニメ『文豪ストレイドッグス』第2クールOPテーマ
「Reason Living」
10月26日発売

【アーティスト盤(DVD付)】

品番:LACM-14543
価格:¥1,800+税

<CD>
01. Reason Living (TVアニメ『文豪ストレイドッグス』第2クールOPテーマ)
 作詞:松井洋平 作曲・編曲:太田雅友
02. Mr. Satisfaction
 作詞:松井洋平 作曲・編曲:太田雅友
03. Distance ~風の先へ~
 作詞:征城悠馬・SCREEN mode 作曲・編曲:太田雅友

<DVD>
・「Reason Living」MV

【アニメ盤】

品番:LACM-14544
価格:¥1,200+税

<CD>
01. Reason Living (TVアニメ『文豪ストレイドッグス』第2クールOPテーマ)
 作詞:松井洋平 作曲・編曲:太田雅友
02. Distance ~風の先へ~
 作詞:征城悠馬・SCREEN mode 作曲・編曲:太田雅友

●イベント情報
リリースイベント
会場(1):アニメイト横浜店
開催日:11月5日(土) 開場 17:00/開演 17:30
イベント内容:トーク&ミニライブ&特典お渡し会
参加券配布店舗:アニメイト横浜、アニメイト池袋本店、アニメイト新宿、アニメイト秋葉原、アニメイト渋谷

会場(2):アニメイト宇都宮店
開催日:11月26日(土) 整列時間:10:15/開演 10:30
イベント内容:特典お渡し会
参加券配布店舗:アニメイト宇都宮
ac
会場(3):アニメイト大宮店
開催日:11月26日(土) 整列時間:13:15/開演 13:30
イベント内容:特典お渡し会
参加券配布店舗:アニメイト大宮、アニメイト川口、アニメイト南越谷

会場(4):アニメイト高崎店
開催日:11月26日(土) 整列時間:16:15/開演 16:30
イベント内容:特典お渡し会
参加券配布店舗:アニメイト高崎、アニメイトイオンモール太田、アニメイト熊谷

参加方法詳細、注意事項等はこちら

●ライブ情報
SCREEN mode LIVE TOUR 2016 Autumn “On Fire!”
11月19日(土) 大阪府・umeda AKASO
開場 17:00/開演 18:00
info:キョードーインフォメーション 0570-200-888(平日10:00~18:00)

12月3日(土) 東京都・TSUTAYA O-EAST
開場 17:00/開演 18:00
info:H.I.P. 03-3475-9999(平日10:00~18:00)

チケット料金:スタンディング ¥5,800(税込)
※3歳以上有料 ※ドリンク代別途¥500 必要 ※整理番号順入場

●配信情報
ランティスWEBラジオでお届けしていた「SCREEN mode 魂」略して「スクたま」が、LINE LIVEにお引越し!
メンバーのトークや生ライブを、映像とあわせてパワーアップして放送中!

放送日時:隔週金曜日22:00から放送中
※都合により放送日時が変更になる場合があります。
視聴はこちらから

最終更新:10/14(金) 12:15

M-ON!Press(エムオンプレス)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]