ここから本文です

【台湾】鳥取発の生ごみ処理機、台湾で発売

NNA 10/14(金) 11:30配信

 鳥取県の小さな工場が生産するユニークな生ごみ処理機「ママサポート」が、このほど台湾で発売された。現地代理店を通して主に高級マンションを対象に売り込み、初年度は500台、次年度は1,000~1,500台、3年目からは3,000台の販売を目指すという。
 ママサポートは台所のシンクに直結させる生ごみ処理装置で、生ごみを排水口に投じるだけで破砕から乾燥、袋詰めまで全自動で処理。破砕したごみが汚泥にならないため、排水管を汚すこともない。
 生産するのは鳥取三洋電機(現三洋テクノソリューションズ鳥取)の技術者だった新矢楢夫社長が2002年に創業した有限会社アースウェイ(鳥取市)。ママサポートの中部地区での販売を担当する商社「アイバ・コーポレーション」(名古屋市)が台湾企業とも取引していることから橋渡し役となり、今回の販売にこぎ着けた。台中市にある建設会社の子会社が販売代理店となる。
 現在、韓国とも商談しているほか、フィリピンからも問い合わせが来ている。台湾代理店の親会社が建設業者で、中国で事業展開していることから、中国での販売も持ちかけられているという。
 またアースウェイでは現在、業務用のママサポートを開発中。来年をめどに台湾で生産したものを発売する計画もあるという。

最終更新:10/14(金) 11:30

NNA

なぜ今? 首相主導の働き方改革