ここから本文です

【シュートボクシング】S-cup世界トーナメントにRIZINベネット参戦

イーファイト 10/14(金) 22:31配信

 11月11日(金)東京・TDCホールで開催される格闘技イベント『SHOOT BOXING WORLD TOURNAMENT S-cup2016』の記者会見が、10月14日(金)都内にて行われた。

【フォト】9月のRIZINで木村ミノルを秒殺KOしたチャールズ・“クレイジーホース”・ベネット

 会見では2年に一度開催されるシュートボクシングの立ち技最強格闘技世界一決定トーナメント『S-cup2016』の出場メンバーが発表され、日本人選手4名、外国人選手4名が参戦。

 日本人選手は出場が決定していた鈴木博昭(ストライキングジムAres)、MASAYA(シーザージム)のほか、WBCムエタイ日本&INNOVATIONスーパーライト級王者・山口裕人(山口道場)、REBELS65kg級王者・水落洋祐(はまっこムエタイジム)が新たに決定。

 そして外国人選手枠としてザカリア・ゾウガリー(オランダ)、タップロン・ハーデスワークアウト(タイ)のSB常連選手のほか、9月のRIZINで木村ミノルを秒殺KOしたチャールズ・“クレイジーホース”・ベネット(アメリカ)、“ボリビアの剛腕”HIDEKI(TEAM GLORIA)が決定。トーナメント組み合わせは後日発表となる。

 2014年トーナメント制覇に続いて連覇を狙う鈴木は「2年に1回のS-cupトーナメントはSBの中で一番大事な花形舞台だと思っています。この日のために過ごして、優勝するために全てを懸けます。出場メンバーの中でも一番大きな覚悟を持って優勝をもぎ獲りにいきます」と並々ならぬ意気込みを語る。出場メンバーについては「誰とやっても面白そう。メンバーを聞いて盛り上がっています。もちろん優勝することは使命ですが、一戦一戦のファイトを楽しませてくれるメンツが集まったと思います」とニヤリ。

 強打のパンチで20勝のうち13KOと高いKO率を誇る山口は「呼んでもらったからにはめっちゃ盛り上げたい。そして本気で優勝を狙いたい。一回戦では木村ミノル選手に勝ったクレイジーホーストとやりたいので、シーザー会長お願いします」と初戦でのベネット狩りをアピールした。

最終更新:10/14(金) 22:31

イーファイト

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

あなたが同僚の給料を知るべき理由
あなたの給料はいくらですか? 同僚と比べてその金額はどうでしょうか? あなたは知っておくべきだし、同僚もまたしかりだと、経営研究者のデビッド・バーカスは言います。このトークでバーカスは、給料は秘密にするものという文化的前提に疑問を投げかけ、給料を公開することがなぜ従業員、組織、社会にとって良いことなのか、説得力ある議論を展開します。 [new]