ここから本文です

【ボンネビルT100&ストリートカップ】トライアンフが本邦初披露…水冷エンジン搭載

レスポンス 10/14(金) 9:57配信

トライアンフモーターサイクルズジャパンは10月13日、シェラトン・グランデ・トーキョーベイ・ホテルにて開いたメディアローンチにて、インターモト(ドイツ・ケルンショー)で発表されたばかりのニューモデルを本邦初披露した。

[写真44点]

『ボンネビルT100』および『ボンネビルT100ブラック』、そして『ストリートカップ』だ。

まずボンネビルT100は世界中のバイクファンに愛され続けてきたトライアンフの伝統的モデル。これまで空冷エンジンを採用してきたが、今回は水冷SOHC4バルブ並列2気筒エンジンを完全新設計の車体に搭載した。

ボア84.6mm×ストローク80mmで、排気量は900cc。シリンダーには水冷式ながら美しい冷却フィンが刻まれ、空冷エンジンのような外観になっている。

また、専用設計となるピーシューターサイレンサー、電子制御スロットルを備え、燃費は先代の空冷モデルより3割ほど向上。シート高が低く足着き性に優れ、乗り手を選ばないのもアピールポイントとなった。

ボンネビルT100ブラックは各部を黒で統一したバリエーションモデルで、マフラーもマットブラックで仕上げられる。

そして新作のストリートカップも、ボンネビルT100同様の270度クランクの水冷900ccSOHC4バルブ並列2気筒エンジンを積む。フィーリングやブリティッシュツインならではのエキゾーストサウンドにこだわり、スタイリングはボンネビルを現代風にアレンジしたアーバンスポーツとなった。

フライスクリーン、Aceスタイルドロップハンドルバー、バーエンドミラー、カフェレーサースタイルの脱着式シートカウルを備え、ニッシン製2ピストンスライディングフロントキャリパーやフローティングディスクでスポーティな走りを実現している。

《レスポンス 青木タカオ》

最終更新:10/14(金) 23:29

レスポンス