ここから本文です

【福祉機器展16】モルテン、高度医療向けロボティックエアマットレス開発販売へ

レスポンス 10/14(金) 10:00配信

広島市に本社を構えるモルテンは、東京大学大学院と共同開発したロボティックエアマット『レイオス』を披露。高度医療を行う集中治療室用のマットレスとして1月から約90万円で販売している。

[関連写真]

同社はボールメーカーとして知られるが、自動車用ゴム部品も手がけており、主にマツダに納入している。そんな同社がボールを膨らます技術を活かして、1991年に床ずれ予防用エアマットレスを発売。以来、エアマットレスを通して、医療・福祉機器分野にも力を入れてきた。

そんな同社が最近開発したのが、今回披露した「レイオス」なのだ。その特徴はマットレスにセンサーが埋め込まれ、全身の体圧計測と体動の計測ができること。

「これによって、24時間体圧のデータが取ることができ、高い圧を検知した局所のデータをフィードバックして内圧を自動調整することで、常に最適な体圧への調整ができるわけです。また、患者の体動を把握することで、ベッドからの転落などの危険性も予知できます」と同社関係者は説明する。

もちろんリクライニングも可能で、その際にも身体のさまざまな部分の圧が最適になるように調整できる。また、マットレスの足元2カ所にあるフレッシュエアダクトから空気を取り込むことができ、身体とマットレスの間に生じる蒸れを緩和できるとのこと。このマットレスはすでに数カ所の病院で導入され、評判はなかなかいいようだ。

《レスポンス 山田清志》

最終更新:10/18(火) 11:16

レスポンス

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。