ここから本文です

CONGO NATTYとMALAが〈DBS〉20周年記念イベントに登場

CDジャーナル 10/14(金) 17:22配信

 2013年のアルバム『Jungle Revolution』をAdrian SherwoodやJoe Ariwaらが料理したリミックス・アルバム『Jungle Revolution in Dub』を昨年リリースしたラガ・ジャングルの奇才・CONGO NATTYと、Gilles Peterson主宰「Brownswood Recordings」より今年6月にリリースされた最新作『Mirrors』が話題となっているMALA(DIGITAL MYSTIKZ)が、揃って来日。10月15日(土)には、東京・代官山 UNITにて開催されるイベント〈DBS20TH〉にヘッドライナーとして出演します。

 CONGO NATTYは『Jungle Revolution in Dub』にて名匠Lee Perryと並んでMALAをフィーチャーしているだけに、蜜月の間柄と言える両者。共に出演する〈DBS20TH〉は、名物ベース・ミュージック・パーティ〈Drum & Bass Sessions〉の20周年を記念して開催されるイベント。MALAとは「Deep Medi Musik」「DMZ」のレーベルメイトでもあるGOTH-TRADのほか、PART2STYLE SOUND、DJ DON、HELKTRAM、TAKUTOの出演も発表されています。詳しくはオフィシャル・サイト(www.dbs-tokyo.com)にてご確認ください。

最終更新:10/14(金) 17:22

CDジャーナル

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]