ここから本文です

ホンダ CR-V 新型、米国で発表…5世代目が登場

レスポンス 10/14(金) 10:38配信

ホンダは10月13日、北米向け新型『CR-V』を米国で発表した。

CR-Vは、米国で1997年にデビュー。以来、SUVセグメントにおいて、20年近くベストセラーの地位を守り続けている。現在では、ホンダを代表するグローバルモデルに成長し、米国累計販売台数は約400万台に到達している。

画像:ホンダ CR-V 新型

5世代目となる新型CR-Vには、従来の直噴2.4リットル DOHC「i-VTEC」エンジンに加え、今回初めて直噴1.5リットルターボエンジンを搭載。力強い走りと優れた燃費性能とを、これまで以上のレベルで両立させたという。

内外装は、全面的に刷新。さらに精悍でスポーティな外観と、広く快適で上質な室内空間を実現する。また、先進の安全運転支援システム、「ホンダ・センシング」を搭載するなど、あらゆる面において新たな価値を提供するコンパクトSUVのベンチマークとなることを目指して開発された。

新型CR-Vの北米での生産は、オハイオ州イーストリバティ工場とカナダオンタリオ工場が担当。さらに今回初めて、インディアナ工場でも行う。

《レスポンス 森脇稔》

最終更新:10/14(金) 10:38

レスポンス

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。