ここから本文です

「Galaxy Note7」の再正式リコール決定 Samsung端末との交換なら100ドル提供

ITmedia ニュース 10/14(金) 7:14配信

 韓国Samsung Electronicsと米消費者製品安全委員会(CPSC)は10月13日(現地時間)、米国での「Galaxy Note7」の2回目の正式リコールを同日開始すると発表した。

Note7返却用の厳重な専用梱包

 リコールの対象は、大手通信キャリアやSamsungが販売したすべてのGalaxy Note7で、9月15日開始の前回のリコールで交換済みの端末も含む。販売価格は850~890ドルだった。

 CPSCのリコールのページによると、対象となる端末数は前回の約2倍の190万台。

 これまでに米国内で96件の異常加熱の報告があり、そのうち23件は前回のリコール発表後だった。発火の報告は13件あった。

 Samsungはリコールに当たり、ユーザーに2つの選択肢を提示している。Samsung製の他の端末との交換の場合は、新端末+100ドルを提供する。払い戻しあるいは他社端末との交換の場合は購入代金+25ドルを提供する。

 同社はまた、端末返却用の専用梱包の説明動画を公式YouTubeチャンネルで公開した。

 Samsung Electronics Americaの社長兼COO(最高執行責任者)を務めるティム・バクスター氏は発表文で、「われわれは、顧客、通信キャリア、販売パートナーの皆さんがこの困難の時に端末回収にご協力くださることに感謝する。この事態を解決するためにあらゆる努力をする所存だ」と語った。

最終更新:10/14(金) 7:14

ITmedia ニュース