ここから本文です

日本オープン2日間のギャラリー数は計20,372人、2万人超えは3度目

ゴルフ情報ALBA.Net 10/14(金) 21:06配信

<日本オープン 2日目◇13日◇狭山ゴルフ・クラブ(7,208ヤード・パー70)>

【関連】石川、松山、スコット組の激闘の2日間を振り返る

 初日に10,838人ものギャラリーが入場した今年の『日本オープン』。2日目は9,534人と1万人に届かなかったものの、2日間で20,372人と2万人をこえた。資料が残る1994年以降で初日&2日目の合計が2万人を超えたのは3度目。

 初日は日本オープン記録更新となったが、男子ツアーの初日最多ギャラリー記録は2010年の『中日クラウンズ』の13,252人。なお同大会では初日と2日目に10年が22,854人、11年に23,011人と、2度の2万人超えをしている。

 1日の最多ギャラリー数は1997年の『フィリップモリス選手権』(現マイナビABC選手権)の最終日の33,187人。4日間での最多ギャラリー数は同じく97年のフィリップモリスで計56,508人となっている。

 残念ながらアダム・スコット(オーストラリア)は予選落ちを喫したが、松山英樹、石川遼は優勝のチャンスが狙える位置で決勝ラウンドへ。池田勇太らも好位置につけている。展開次第では最多ギャラリー数を更新できる…かもしれない。なお日本オープンの4日間の最多ギャラリー数は2009年の45,515人。

(撮影:米山聡明)<ゴルフ情報ALBA.Net>

最終更新:10/14(金) 21:06

ゴルフ情報ALBA.Net

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

E.T.は(多分)いる -- 心して待て
SETIの研究者であるセス・ショスタックは24年以内に地球外生命体を発見できると賭けを申し出ます。そうでなければコーヒーを一杯おごると。何故、発見できるのか。そして、はるかに進んだ社会を発見することによって人類はどう影響を受けるのかについて語ります。