ここから本文です

フジ笠井信輔アナ「とくダネ!」本番中の寝落ちを告白

東スポWeb 10/14(金) 16:18配信

 映画、宝塚マニアで知られるフジテレビの笠井信輔アナウンサー(53)が14日、都内で行われた「J:COM×フジテレビ TWO Present 宝塚ドリームツアーズスペシャルコンサート開催記念トークライブ」に出席し、衝撃発言をブチかました。

 笠井アナは元花組トップスターの蘭寿とむ(41)とともにMCを務め、元宙組・樹里咲穂(44)と楽しいトークを展開。「本番中に寝落ちする」という話題になり、笠井アナの口から「午前2時半起きだから、本番中に寝ちゃうこともある」と驚きの発言が飛び出した。

 笠井アナは、小倉智昭(69)が司会の情報番組「とくダネ!」で長年アシスタントを務め、同局には欠かせない人気者だが「18年間もやっていると慣れてしまって。『アマタツ』のころに眠くなる」と告白。気象予報士・天達武史氏(41)のお天気コーナーの時間帯に、睡魔に襲われるという。

 オフレコ話を正直に明かしてしまうところは素直な性格をよく表しているが、超朝型の生活を20年近くも続ける一方で、豊富な知識を生かして映画、宝塚、鉄道関係の仕事もこなす笠井アナだけに“寝落ち”もご愛嬌か。

 昨年は、声帯ポリープの除去手術で番組を休養したこともあった。くれぐれも健康には気をつけて、いつまでも番組で笑顔を見せてほしいものだ。

最終更新:10/14(金) 17:48

東スポWeb

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]