ここから本文です

福島県警作品が全国表彰 警備部隊員用防炎マスク

福島民報 10/14(金) 10:05配信

 警察庁主催の第33回警察装備資機材開発改善コンクールで、福島県警本部災害対策課の我妻信男管理官(警視)と佐藤匡貴警部補が開発・出品した「警備部隊員用防炎マスク」が警察庁長官官房会計課長賞を受けた。
 全国から92点が出品された。今月6日に審査した結果、最高賞の長官賞3点をはじめ官房長賞6点、会計課長賞8点が選ばれた。警備部隊員用防炎マスクは従来の防炎マフラーをマスク型に改良し、迅速かつ安全に装着できるようにした。今後、実用化を検討する。
 我妻、佐藤の両氏は13日、福島県庁で松本裕之県警本部長に入賞を報告した。松本本部長は「これからも現場のニーズを吸い上げながらより良い装備を作ってください」とたたえた。

福島民報社

最終更新:10/14(金) 10:27

福島民報