ここから本文です

【ノア】拳王が邪外に「GHCジュニアタッグ」無法奪取予告

東スポWeb 10/14(金) 16:26配信

 ノアの拳王(31)が13日、レジェンド撃破を誓った。

 23日の横浜文化体育館大会では大原はじめ(32)と組んで邪道(48)、外道(47=ともに新日本プロレス)のGHCジュニアタッグ王座に挑む。コンビ歴27年を誇る邪外は8日の後楽園大会で原田大輔、小峠篤司組から王座を奪取。「俺たちが取る予定だったのに、何で取られんだよ! ノアのクソヤロー(ファン)どもの声援も全部持っていかれた。こんな屈辱はねえ」と拳王の怒りは収まらない。

 ならば自らの手で奪い返すしかない。特に「対新日レジェンド」には自信がある。2014年には2度、獣神サンダー・ライガー、タイガーマスク組に勝利しているからだ。同年8月2日のジュニアタッグリーグ公式戦(有明)ではマスクはぎなどで挑発し、まんまと反則勝ちを奪った。「俺たちはこざかしいことも得意。手段は選ばねえ」と、あの手この手で再びレジェンド組を撃破するつもりだ。

 この日の新宿大会ではキャプテン・ノアを「仮想・邪道」に見立て蹴りまくった拳王。「獲物は俺らがいただく」と鋭い眼光を放っていた。

最終更新:10/14(金) 16:47

東スポWeb

なぜ今? 首相主導の働き方改革