ここから本文です

【VRもあるゾ】ヒャッハー! 原宿で「KISS EXPO TOKYO 2016」開催中ゥウ【写真40点】

M-ON!Press(エムオンプレス) 10/14(金) 19:55配信

※本記事の最後に、来日していたKISSメンバー ジーン・シモンズ氏の写真ギャラリー(セクシーショット含む)があります。

【詳細】他の写真はこちら

1973年結成、翌年のデビューから世界中のロックシーンを駆け抜けてきた、今なお現役のモンスター・ロックバンド『KISS』。そのヒストリーをたどることができる世界初のエキシビジョン『KISS EXPO TOKYO 2016 ~地獄の博覧会~』が、2016年10月13日(木)~10月31日(月)の期間限定で、ラフォーレミュージアム原宿にて開催中です。

 

KISSが実際に身につけた衣装、使った楽器(破壊後の残骸含む)、そしてさらに貴重なメンバー所蔵のメモラビリア(記念の品々)が集結した展示の一部を、写真ギャラリー記事としてご紹介しましょう。全部の写真をくまなくクリックして拡大表示してくれよな! ロックンロール!

「地獄の博覧会」どころか、ファンにとっては天国じゃぁぁああー!
 

 

長い歴史を持つ長寿バンドだけに、思い出の品々も古いものから新しいものまで多種多様。EXPO会場の中央には、メンバーが着用した衣装がドドーンと展示されていて大迫力。オリジナルはもう世界にこの2足しか現存していないというジーンの「ドラゴンブーツ」も。

 

 

数々のディコグラフィー、受賞歴のスゴさをうかがわせる煌びやかな展示のなかに、「デビュー前のメンバー手書きライブ告知ポスター」といった、貴重かつ泣かせてくれる品も織り交ぜられていて思わずホロリ。アメコミのマーベルからは、KISSを主人公にしたコミック・ブックなんてものも出版されていました。お、おう……。

 

KISSに限らず、ミュージシャン関連の展示といえば定番の、メンバー本人が使用した楽器たち。

 

とはいえ、KISSのライブといえばポール・スタンレーによるギター破壊がクライマックスの定番。そんなわけで破壊後の残骸ギターたちもしっかり展示。うーん、見事な壊れっぷりです。

 

 

KISSモチーフのピンボール台、数々のグッズ、そしてKISSになりきって写真を撮れるステージセットなど、まだまだ見所は盛りだくさん。そうそう、DIGIMONO! らしい展示としては、メンバーの自宅をバーチャル体験できるVRアトラクションのコーナーもあるんですよ。映像がお見せできないのは残念ですが……。

なんと、鉄腕アトムとKISSのコラボが実現!

今回の『KISS EXPO TOKYO 2016 ~地獄の博覧会~』開催と同時に、なんと「鉄腕アトム」とのコラボを実現させたKISS。会場限定で鉄腕アトムコラボのキャンバスアート(2種)、2枚組クリアファイル、そしてアトムコラボTシャツを販売中。プレス向け内覧会では、来日中のジーン・シモンズ氏とKISSメイクを施した鉄腕アトムがステージで共演する一幕も。

鉄腕アトムをはじめ、ゴジラやガメラといった怪獣映画など、日本発のカルチャーが大好きだというジーン・シモンズ氏。ジャパンカルチャーの中心とも言える原宿でエキシビジョンを開催することは同氏にとっても有意義なことかもしれません。トークイベントでもファンサービスたっぷりの気さくな人柄を見せてくれましたよ。そんなジーン氏の写真ギャラリーはコチラ。

   

   

   

   
 
カッコイイ衣装やアイテムが満載で、KISSを知らない人でも楽しめそうな『KISS EXPO TOKYO 2016 ~地獄の博覧会~』は、2016年10月31日まで開催。ハロウィン・シーズンにぴったりな、最高の地獄体験(褒めてる)をぜひこの機会に!

 
取材・撮影・文/ワタナベダイスケ(編集部)

関連サイト
KISS EXPO TOKYO 2016 ~地獄の博覧会~(公式サイト)

最終更新:10/14(金) 19:55

M-ON!Press(エムオンプレス)